HOME | リサイクル関西 解体工事の流れ

Casestudy

解体の流れ

イメージ

 

 新たな土地開発の第一歩としての解体工事は、住宅密集地や都市部では近隣や環境への配慮が特に必要となります。弊社は、一般建設業、産業廃棄物収集運搬業許可なども取得していますので、安心してお任せください。
 無許可解体業者による不法投棄は、自然環境を損なうだけでなく、解体工事の発注者様にも法的罰則が及びますので、そのような解体業者への依頼は避けていただきますようお願いいたします。
 

More Detail

解体工事の流れ

 

解体工事のお問い合わせ

解体工事現場のご住所、構造、面積など分かる範囲でお教えください。
お問い合わせフォーム又は、お電話でお伺いいたします。
 お問い合わせフォーム
 電話番号:072−488−7691
 
・住宅、集合住宅などの解体工事
・門扉、フェンス、ブロック塀などの部分解体工事
・店舗内装解体工事
 など

現地調査

建物構造、解体作業環境、近隣環境などを確認させていただきます。
 

お見積もり

現地調査を元にお見積もりを作成させていただきます。
 

解体工事請負契約

解体工事の請負契約をいたします。
 

建築リサイクル法に基づく届出

解体する建築物の延べ床面積が80㎡を超える場合には、建設リサイクル法に基づく届出をいたします。
 

近隣挨拶

解体現場近隣の方々に、ご挨拶及び作業日程、緊急連絡先などをお知らせいたします。

解体工事作業、搬出

解体現場近期間中は、防音シートや低騒音型重機などの使用により、極力近隣への配慮をいたします。
解体工事により生じた産業廃棄物は分別して中間処理施設へ搬出します。

マニフェスト伝票保存

マニフェスト伝票とは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように処理されたのかを書類にしておくもので5年間の保存が義務付けられています。